競馬場へ行こう!

高低差が5.3m拷問のようなキツさの難所コース

中山競馬場は右回りの中央4場(阪神・京都・東京・中山)の中では最も小回りなコースで、直線が短く奥に深いという個性的なコースとコース全体の高低差が5.3mと極めて大きいのが特徴。なんといってもゴール前の急こう配な坂が特徴で全速力で走っている馬にとっては拷問のようなキツさの難所。自転車で猛スピードで平地を走ってる時に目の前に現れた急こう配の心臓破りの坂…を想像してみて下さい。小さい競馬場というイメージからは想像も出来ない程のタフなコースなのです。

行われているレース

中山競馬場で行われるG1競争は全部で5レース(障害2レース含む)。[皐月賞(GI 芝2000 3歳牡・牝)][スプリンターズステークス(GI 芝1200 3歳上)][有馬記念(グランプリ)(GI 芝2500 3歳上)][中山グランドジャンプ(GI 障害4250m 4歳)][中山大障害(GI 障害4100m 3歳上)]

何といっても年末最後の大レースである有馬記念は有名で、数々の名レースや感動のレースを生んでいます。